shutterstock_132729920

皆さんこんにちは、

お元気ですか?

 

最近、日本語学校の学生同僚から「バイナリーオプションと外国為替(FX)がどんなに異なっていますか」とよく聞かれてきました。今度はそれらの同異について話したいと思います。

1.Bid-Ask Spread: 外国為替ではアセットを買うか売るかのオプションがあります。例えば、米ドルを100持っています。自分の100ドルを売る可能性がもちろんあって、またはもう100ドルを買うこともできます。買うの値段/価額と売るのが違います。小さい間があります。これはSpreadと呼ばれます。銀行から外国通貨を交換することと同じですね。この差から、ブローカー/銀行が利益を儲けることです。バイナリーオプションではSpreadなんてありません。CALLでもPUTでも、絶対に値段/価額が同じです。

2.利益率(Payout): 外国為替では二つのアクションが必要です。アセットを買って、都合のいい時に売ることです。買ったときの価額と売るときの価額に基づいて、利益(または損失)率が決まっています。バイナリーオプションでは、一つのアクションが必要、更に利益率はいつも前置き知らせて、変わっていません。勝つことがもっと単純だけじゃなくて、いつも前置き利益と損失の価額がきっかり知っていきます。

3.レバレージ:通貨などの価額の変化に基づいたFXは、そのパーセントの変化だけに利益率が従ったら、お金のすごく大量が必要なります。通貨が1%以上の変化があまりのことですから。そういうわけで、FXのブローカーがお客さんたちにレバレージというサービスを提供します。一般なレバレージは1:100割合です。このレバレージ率で、1ドルを投資したら、利益、または損失を割り出す時に、100ドルとしてしされます。つまり、普通の100ドルの投資から、1パーセントの変化だったら、1ドルをもうけることです。1:100のレバレージで、1パーセントは1ドル、X100=100ドル。悪くないね。ただし、損失でも、同じですね。たとえ、100ドル投資して、2%の変化だったら、1:00レバレージで、200ドル損失されます。その通り、レバレージのシステムで投資したお金より損失が可能です。

 

確かに、時々FXでバイナリーオプションより高い利益率ができるけど、そのために高い投資額、大変化、およびリスク的なレバレージがすべて必要です。

 

またおねがいします、

マリアノ